きらきら眼鏡映画化プロジェクト by 船橋宿場町再生協議会

映画オフィシャルサイト
きらきら通信☆彡

トピックス

きらきら眼鏡映画化プロジェクトとは

船橋市出身・在住の作家、森沢明夫さんが船橋を舞台に描いた小説「きらきら眼鏡」を映画化し、日本全国はもとより世界中へ感動の輪を広げようというプロジェクトです。

10年、20年、100年と現在の街並みや生活感を次世代へフィルムを通してつなぐこと、一人でも多くの方にきらきら眼鏡が心にしみわたり、皆さんと思い出を共有できたら素晴らしいと思います。
2016年9月に制作発表を宣言し、多くの市民の皆様にご支援とご参加を頂き、撮影は2017年10月におかげさまで終了しました。日本国内での劇場公開は、2018年秋を予定しております。

日本全国や世界配信へ公開を目指す規模、映画賞受賞をめざすような芸術作品としては、市民が発起し、製作費集め、ロケ地協力、市民オーデション、エキストラ、ほぼすべての食事提供、音楽、広報活動などなど、ここまで市民が制作に大きく関わった映画作品は日本映画界の中で他に見当たりません。それだけ多くの愛情が注がれた作品です。

映画きらきら眼鏡が多くの方に届き、そして心と記憶に残る作品となるように、私たちは精一杯活動して参ります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人 船橋宿場町再生協議会
 理事長 大木 武士

メールマガジンのご登録はこちらから

映画「きらきら眼鏡」船橋での上映が決定!

熱い思いが届き、ついに夢が叶う 映画「きらきら眼鏡」船橋での上映が決定! ~ 9月7日より、TOHOシネマズららぽーと船橋で上映スタート ~ 船橋が舞台の映画「きらきら眼鏡」が、2018年9月7日(金)より、「TOHOシ […]

協賛に関する御礼とお知らせ

映画「きらきら眼鏡」の製作に関しまして、多くの企業様、団体様からご協賛を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。 多くの皆様に支えられ、製作や編集等、作品を完成させるために必要と想定されていた約5,000万円に到達し、作品 […]

もっとブログを見る